こんばんは、社会保険労務士の平田です。

 

先週末にメンタルヘルスに関するセミナー、今週は相談会をさせていただきました。

 

助成金等のセミナーの経験はありますがメンタルヘルスに関するセミナーは初体験。

 

前からメンタルヘルスに関わる事をやりたいと思い産業カウンセラーになったので、セミナー講師のお声をかけていただけたことに感謝感激です。

 

今後も継続していきます。

 

先にお知らせしたい事があるのでメンタルヘルスセミナーと相談会の事は後日ブログにしたいと思います。

 

 

 

昨日、平成28年度厚生労働省第二次補正予算(案)が公表されました。

 

概要は次のとおりです。

 

 

1 一億総活躍社会の実現の加速

 

2 21世紀型インフラ整備

 

3 英国のEU離脱に伴うリスクへの対応や中小企業、地方への支援

 

4 熊本地震や東日本大震災からの復興や防災対応の強化

 

 

 

 

この中に雇用に関する助成金等の情報があるので主なものをご紹介します。

 

 

・保育関連事業主に対する職場定着支援助成金の拡充

保育事業主が魅力ある職場づくりのための雇用管理改善の取組について助成の拡充を行うものです。(制度要求)

 

 

・介護離職防止支援助成金(仮称)

仕事と介護の両立のために職場環境を整備し、円滑な介護休業の取得、職場復帰や介護のための時差出勤制度などを行う事業主を支援するための助成金です(11億円)

 

 

・65歳超雇用推進助成金(仮称)

65歳以上への定年の引上げ、定年の廃止、希望者全員を対象とする66歳以上の継続雇用制度の導入のいずれかの措置を実施した場合に、当該措置の内容に応じて一定額を助成する(6.8億円)

 

保育所の待機児童の解消、介護離職者の削減、高齢者の雇用促進措置など、一億総活躍社会の実現に向けた取り組みについての予算を要求する内容となっています。

 

詳しくはこちらをご覧ください。 → 平成28年度厚生労働省第二次補正予算案の概要

無題