こんばんは、社会保険労務士・産業カウンセラーの平田です。

 

 

皆さんは3連休をどのように過ごされたでしょうか?

 

私は2日間は仕事をし1日を完全オフにしようと考えていましたが、オフ予定の1日も結局半日は仕事をしていました(笑)。

 

半日のお休みでしたが、充分に休息をとれたので心身ともに快調です。

ここのところ少し体調がよくなかったのですが、このお休みでかなり回復しました。

自分の気づかないところで疲れが溜まっていたのかもしれません。

 

積極的に休みをとることは、今後ビジネスを継続していくことを考えると重要だと思います。無理して働き続け体調を崩してしまい仕事が出来なくなっては元も子もありません。

 

私はこの半日のお休みがなければスケジュール上暫く休みがとれないので、取れなかったらと思うとぞっとします。

 

 

今日は年金について重要なニュースが飛び込んできたので紹介します。

 

 

以下、日経新聞 本日の朝刊より引用

 

「年金、強制徴収を所得300万円以上に拡大 納付率上げ」

 

「厚生労働省と日本年金機構は、国民年金保険料の強制徴収の対象を広げる。現在は年間所得350万円以上の滞納者に実施しているが、2017年度から300万円以上にする。国民年金保険料の納付率は60%程度で低迷している。保険料の滞納に厳しく対処し、納付率の向上を狙う。」

 

 

日本年金機構は、国民年金保険料滞納者のうち、一定の所得がある方について納付を促し、場合によっては強制徴収を行っています。

 

2015年度までは所得400万円以上が強制徴収の対象でした。

 

2016年度は3所得350万円以上かつ未納月数7ヶ月以上を対象としていますが、来年度は所得300万円以上かつ未納月数13ヶ月以上が対象となります。

 

つまり、一定の所得があり、国民年金保険料を納付できるにも関わらず滞納している方が対象となるわけです。

 

 

日本年金機構からの強制徴収に応じない場合、最終的に財産を差し押さえられます。

 

 

年金については、現役世代が将来老齢年金を受給できるのか、GPIFによる年金資産の運用の不透明さなど釈然としない点はありますが、だからといって年金保険料を滞納していいわけではなく、滞納を続けていると容赦なく財産が差し押さえられますので年金保険料は納付するようお願いします。

nenkin7s