こんばんは、社会保険労務士・産業カウンセラーの平田です。

 

近頃は「多様性」とか「ダイバーシティ」という言葉が頭の中をグルグル回っています。

 

ダイバーシティという言葉を知ったのは小学生の頃、高級車にダイバーシティアンテナが装着されたことがキッカケでした。

 

当時は「ダイバーシティ」=「多様性」とは知らず、両サイドのCピラーから伸びるアンテナのことをダイバーシティと思っていました(汗)。

 

ダイバーシティって「シティ」=「都市」に「ダイブ」するのかなぁと勝手に解釈していました(恥)。

 

「多様性」とは人種・肌の色・宗教・価値観などに拘らず多様性を認めようという意味で用いられます。

 

社労士に関する分野で考えると、多様な人材を積極的に活用しようという流れがあり、成長している企業は積極的にダイバーシティ経営をしています。多様性を認めない考えで経営しているとこれからの時代すぐに行き詰まる可能性が高いです。

 

成長し続けたい企業には多様性を念頭においてほしいです。

 

 

さて、今日は岩手労働局が作成した「新規に事業を開始された事業主の皆様へ」というパンフレットを紹介します。

 

 

新規に事業を始めると様々な労働関係法令の書類を作成し届出なければなりません。

数多くの書類がありますし、届け出先も複数あるので解りづらいものですが、岩手労働局ではそれらを網羅したパンフレットを作製し閲覧することができます。

このパンフレットは社労士から見ても解りやすくてとてもありがたいです。

 

詳しくはコチラをご覧ください。

岩手労働局HP内「新規に事業を開始された事業主の皆様へ」

http://iwate-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/library/iwate-roudoukyoku/date/kantoku/pdf/280914sinki.pdf

%e7%84%a1%e9%a1%8c3