こんばんは、社会保険労務士・産業カウンセラーの平田です。

 

私はスイーツが大好きでよく食べています。最近はダイエットの為に以前より控えめにしているつもりですが、それでも人より多くスイーツを食べていると思います。

 

そんなスイーツ大好きな私にとって重大なニュースがありました。

 

 

那覇市内の洋菓子店が労働基準法等違反で書類送検されたニュースです。

 

従業員への給与未払い、18歳未満の高校生アルバイトを夜10時以降働かせていたなど、最低賃金法及び労働基準法等の違反の疑いです。

 

ニュースによると、労働基準監督署が是正勧告をしたにも関わらず、それに従わなかった為、悪質と判断され書類送検に至ったようです。

 

 

ある新聞ではその洋菓子店の実名が公表されていました。

 

私も時々利用していた洋菓子店でした。

 

美味しいスイーツを提供していただけにとても残念です。

 

実名が公表されたことでイメージダウンは避けられないでしょう。

 

今後の売り上げの落ち込み、採用募集しても人が集まらない等の影響が懸念されます。

 

 

ニュースによると、約43万6千円の給与未払いがあったようですが、これは判明している分の数字で、実際にはさらに10人以上の被害者がいるようです。

 

労働者を雇い入れ働いてもらうからには賃金を支払うことは当然のことです。

法律にも定められていますし、経営者にはその義務があります。

法に違反し一時的に得た不当なお金のために、会社の評判を落とし売上を下げてしまっては元も子もありません。

 

一時的に得たお金より高い代償がついてしまいます。

 

労働者を雇い入れたら労働関連法令を守らなければいけません。

 

その点があいまいなまま経営を続けると、いずれしっぺ返しをくらいます。

 

創業を考えた時、創業して労働者を雇い入れる前には労働関連法令を学んでいただきたいものです。

 

※写真のスイーツは関係ありません。他店のスイーツです。

dsc_0105