こんにちは、社会保険労務士・産業カウンセラーの平田です。

今日は社労士のお仕事とは直接関係のない話題を。

 

 

先日、ある会合に参加させていただきました。

 

その際、ある方から

「平田さん、Airbnbってどうなんですか?どうやればいいか教えてください」と言われました。

 

どうやら社労士はAirbnbの手続のことなどに詳しいと思われたらしいのですが、残念ながら専門外なのでお話しできませんでしたが、以前、宿泊業界にいたので宿泊業の知識はあります。

「民泊に強い社労士」として活動してみようかな?(笑)

 

私はAirbnbのことは詳しく知りませんが、民間の家や空き室を旅行者に宿泊させる、いわゆる「民泊」です。

本来、ホテル・宿泊業を営む場合は営業許可が必要ですが、Airbnbなどの民泊は現在のところグレーゾーンといいますか、本来なら旅館業法に抵触するらしいのですが、無許可で営業しているところが多いようです(間違ってたらごめんなさい)。

政府は民泊について宿泊日数を制限するなどの決まりを作る方針を固めたそうです。

 

あまり決まり事でがんじがらめにするのはどうかと思いますが、無許可で宿泊業をされると衛生面の問題や犯罪に使われるなどの問題が想定されるので仕方ない部分はあると思います。

 

しかし、観光客を増やそうと沖縄県は取り組んでいるのに、宿泊できるホテルが足りず、ホテル業は人手不足です。

ホテル数や人手不足を解消する手段として、民泊を推し進めてもいいのではないかと考えます。

 

私は民泊に興味があるので、どこかに空き家でもないかな、と思っていたらありました(笑)

親戚の家で、今はだれも住んでいない家があります。

 

家の場所は市街地から遠く、観光地ではありませんが、沖縄の自然が残る環境の中にあるので悪くないと思います。

 

私がその家の持ち主なら、民泊で活用するか、貸家にするんのですが、残念ながら家主ではないので何ともすることができません。

空き家といってもそれほど古くなく傷みも少ない家なので、活用できないのが残念です。

(民宿にしてもいいと思うくらいの家なんですけどね)

 

私がAirbnbに参入することは当分ありませんが、空き家や空き部屋をお持ちの方は、民泊を検討してもいいのではないでしょうか。

%e7%84%a1%e9%a1%8c1