こんばんは。

社会保険労務士・産業カウンセラーの平田です。

 

明日は旧正月ですね。

 

以前、友人に「明日は旧正月だから今日は大晦日だ」と言ったら、「旧暦に12月31日はないから大晦日ではなくて晦日だよ」と言われたことを思い出しました。

 

旧正月が近づくと、牧志公設市場や糸満に行きたくなるのはウチナーンチュだからでしょうか。

 

先日、お客様の事業所を訪問させていただきました。

 

社員の皆さんがとても明るく元気よく、まるで体育会系の部活動のように(笑)挨拶していただきました。

 

上司の方も、とても明るく元気な方でした。

 

みなさん「とても」明るく元気なので、事業所内が「陽気」で溢れていました。

 

「陽気」を感じる事業所は業績も素晴らしい事業所が多いと感じます。

 

 

仮に、業績が悪くても「陽気」に振舞うと業績の悪さを吹き飛ばしてしまい、ホントに改善してしまうのかもしれません。

 

 

お客様の事業所を訪問させていただいたことで、僕は反省しました。

 

 

僕は「陽気」が出ていないなと。
僕は、友人から「近づくな」オーラが出ていると言われることがあります(笑)

 

「近寄りがたい」=「陰気」だと思います。
僕でも「陰気」は人には近づきたくありません。

 

しかし、僕は「陽気」かというと・・・?

 

「陰気」はほうだと思います。

 

 

人を寄せ付けるためには「陰気」ではなく、「陽気」オーラを出していないと。

 

まずは口角あげて爽やか笑顔をつくる。

明るく元気に挨拶する。

当たり前のことのようで出来ていないので、気を付けるようにします。

 

 

笑顔と言えば、

 

名刺の写真は爽やかですねと言われるのですが、その写真は3年前のもので、現在の自分は写真と比べると爽やかさに欠けるなと思っています。

 

そろそろ写真を差し替えないと詐欺だといわれそうなので、今の自分で「陽気」「爽やかさ」を感じていただけるような写真に変えようと思います。

 

周りの人が気軽に近寄れるように、ね。