こんにちは。

社会保険労務士の平田です。

 

当事務所では、労働関連法令の手続や就業規則作成、助成金に関する手続き等意外に、障害年金の申請手続きも承っています。

 

 

先日、障害年金の請求手続きを行ったお客様から、年金証書が届いたと嬉しい連絡がありました。

 

 

年金証書が届いたということは、障害年金の受給が決定したということです。

 

 

障害を抱える方にとって、障害年金が支給されることはとてもありがたいことです。

一般的に障害年金は老齢年金より高額なので、生活するために充分とはいかなくても、かなり助かると思います。

 

 

 

今回のお客様は、以前、ご自分で障害年金の請求手続きを行おうとしたそうです。

しかし、手続きの煩雑さ、病院が遠方であること等を理由にご自身での手続を断念され、当事務所にご依頼されました。

 

 

障害を抱えていると、ご自身で行動することが難しいので、何度も病院や年金事務所に出向くのは簡単なことではありません。

 

 

自分は障害年金の障害等級に該当するのでは?とお考えの方、

 

障害年金の請求手続きをしたいが、難しくてよくわからないという方は、

 

 

 

障害年金の専門家である、おもろ社会保険事務所までご連絡ください。