こんにちは、おもろ社会保険労務士事務所の平田です。

 

先日、とある会合に出席させていただきました。

これまでなかなか都合が合わず、およそ1年ぶりの参加だったので多少緊張して会場に向かいました。

会場に到着すると、この会合の主催者である旧知の先輩が僕を見つけるとすぐ歩み寄り

「良かった、来てくれてよかった」と声をかけてくれました。

暫く顔も出さず失礼な僕に温かい声をかけてくれて、僕の緊張は一瞬でほぐれました。

ちょっとした一言でしたが、そういう声をかけてもらえてこちらも安心したし、何より嬉しかったです。

 

キャリアアップ助成金の内容が見直されます

 

キャリアアップ助成金の内容が平成30年4月から変更されることが公表されました。

平成30年度予算の成立および雇用保険法改正が前提となるため現時点では変更予定であることがアナウンスされていますが、おそらくそのままの内容で変更されるだろうと僕は思っています。

 

主な変更点は次の通りです。

 

1.正社員化コース

・1年度1事業所あたりの支給申請上限人数が15人から20人に拡充。

・正規雇用等へ転換後、転換前の6か月と転換後の6か月の賃金を比較して、5%以上増額していること。

・有期契約労働者からの転換の場合、対象労働者が転換前に事業主で雇用されていた期間が3年以下に限ること。

 

転換後の賃金の5%以上増額には、通勤手当、時間外労働手当、休日手当及び歩合給などは除かれます。また、賞与にも条件がありますのでよくご確認ください。

有期契約労働者の転換前の雇用期間が3年以下に限定されたのは、無期転換ルールと関係するものと考えられます。

 

2.人材育成コース

これまでの人材育成コースは、「人材開発支援助成金」に統合されることになりました。

ただし、平成30年3月31日までに訓練計画届の提出がなされている場合に限り、引き続き、現在の人材育成コースとして支給申請することは可能とされています。

 

助成金の申請手続きは慎重に

 

新年度になると、新たな助成金制度、これまでの助成金の内容変更が行われます。

この時期に助成金申請手続きを行うと、新年度に入ると申請様式が変更されるなど新たに手続を行う必要がある場合があります。年度の変わり目だけに限りませんが、助成金の手続きは慎重に行いましょう。

 

当事務所では雇用関係助成金の申請代行を行っています。詳しいことは当事務所へお気軽にご連絡ください。

おもろ社会保険労務士事務所 TEL098-996-3875  または090-1873-2878