~6月29日に雇用関係助成金セミナーを行いました~

 

こんにちは、おもろ社会保険労務士事務所の平田です。

先月、今月とセミナーが続きました。

先月は糸満市で「ハラスメントセミナー」、沖縄市で「雇用関係助成金セミナー」の講師を務めました。

助成金セミナーは6月29日に旧コリンザで開催し、多くの方にご参加いただきました。参加していただいた皆様、どうもありがとうございます。

 

今年度の助成金は、要件の整備と共に賃金アップも要件とされているものが増えて、これまでより活用しづらくなるのでは、と危惧していました。

 

しかし、賃金の動向をみると助成金を活用する活用しないにかかわらず、賃上げしなければ人手が集まらないのが現状です。人手不足を解消するための重要な対策の一つとして、賃上げを行い人手を集めなければ経営が成り立たないのです。

 

嫌でも賃上げを行わないといけない状況なら、助成金を活用し受給したほうが助かりますよね。

 

また、働き方改革の一環として、時間外労働の抑制や年次有給休暇の取得促進も求められます。

法律も時間外労働の上限が設けられたり、必ず年次有給休暇を取得することを定められます。

 

これまで残業が多かったり、なかなか年次有給休暇をとることができないような事業所も、時間外労働を抑制し、年次有給休暇の取得をすすめなけらばならなくなります。

 

これまでと比べて時間外労働を抑制したり、年次有給休暇の取得率を向上させると受給できる助成金もありますから、事業所の労働条件の整備をすすめるのに合わせて、雇用関係助成金も受けられるようにするといいと思います。