こんにちは、おもろ社会保険労務士事務所の平田です。

6月、7月とセミナーが続き、7月は2度「雇用関係助成金セミナー」講師を務めました。

7月26日の助成金セミナーは「助成金を活用した働き方改革のの進め方」というテーマで開催し、11名の方にご参加いただきました。参加していただいた皆様、どうもありがとうございます。

 

先般、働き方改革法が成立したのをうけ、働き方改革法の概要と働き方改革をすすめるにあたり助成金の活用法をお話しさせていただきました。

 

雇用関係助成金は労働関連法令などを遵守することをすすめる事業所等に助成する制度です。

あるいは法令以上の規定等を定めた事業所に助成するので、法令の整備をすすめるときは活用していただきたいものです。

 

多くの事業所は、労働関連法令の違反があると言われています。

先日、発表された前年度の運輸業の労働法の違反状況を見ると、約85%の事業所に労働法違反があるという結果でした。

 

働き方改革は待ったなしですし、法律も成立し、今後も改正されていくでしょう。

また、労働関連法令を遵守せず、労働環境があまりよくない企業はブラック企業扱いされてしまいます。

人手不足の状況を改善するためにも労働関連法令を遵守し、それに伴い活用できる助成金は活用していただきたいと思います。