私は

・長時間労働をしない。労働時間はできるだけ短時間にする。

・休みたいときに休める。

を働き方の理想にしています。

 

当事務所のスタッフには、上にあげた理想を実現してもらっています。

元々、当事務所の求人は短時間で少ない日数を条件にしていましたし、スタッフも同様の働き方を希望していましたから容易く実現できました。

 

スタッフ2名はそれぞれ週3日・1日7時間勤務、週2日・1日6時間勤務という条件です。

 

2名とも夏休みをとってもらいました。

 

1名は旧盆に合わせて8月13日から8月16日まで。

もう1名は、地元に帰省するために夫の夏季休暇と合わせるため、8月後半から9月前半まで土日を含み8日間の夏休みでした。

 

用事やイベントに合わせて休んでプライベートを楽しんでもらいたいですし、仕事から離れてしっかり休むことで体力も気力も回復し

、仕事もがんばってもらえます。

プライベートと仕事を両立させることで人生が充実しますよね。

スタッフには仕事に励んでもらい、プライベートも充実した良い人生を送ってもらいたいですし、そのサポートも惜しみません。

それが世の中のためになると思いますから。

 

 

ここからは、実家に帰省したスタッフ江口さんの記事です。

ハンバーグがとても美味しそう♪

 

「こんにちは!おもろ社会保険労務士事務所スタッフの江口です。
先日、私は夫の夏期休暇に合わせて、遅めの夏休みをいただき、帰省してきました!

家族や愛犬と過ごしたり、友達と会えたり、姪っ子ちゃんの早めのお誕生日祝いをしたりと、充実したお休みを過ごすことができました。

私にとって、帰省の楽しみの一つでもある、静岡県の「炭焼きレストランさわやか」さんのハンバーグも食べることができました。
とても美味しいので、おすすめです!!

また次の帰省を楽しみに、沖縄での生活を満喫したいと思います!」