先日、沖縄県保育士・保育所総合支援センター様主催、保育園向け人材育成研修の講師を務めさせていただきました。

 

約60名の園長先生と主任さんが参加され、2時間程講話させていただきましたが、お忙しいにも関わらずこれだけ大勢の方が出席されたことに感謝申し上げます。

多くの保育園を訪問させていただいてますが、皆さんお仕事はもちろん自己研鑽や職員教育にも熱心で、このような研修にも積極的に参加されるので頭が下がります。

 

園長先生や主任さんがいらっしゃるので、管理職向けの人材育成について講話しました。人材育成の手法は数多くあって、それぞれの事業所に合った手段を講ずることになるのですが、多くの皆さんの前で個別の手法をお話しするわけにはいきませんから、今回の研修では主に心構えや職員とのコミュニケーションについての内容をメインにし、ワークショップでは人材育成に関しての自身の目的や気づきを確認してもらうことを重視しました。

 

受講後のアンケートでは、

・報・連・相にも返しが必要なこと、言われてハッとさせられました。
・意識レベルから行動レベルを明確にすることは、人材育成において重要なことと思いました。

・困った部下への対応策の部分がとても参考になった。半年以上もあの手この手で対応し、難しい為どうしたものか悩んでいたが解
決策が見えてきたように感じる。

・「報・連・相」の大切さはよくわかっていたのですが、中々してくれないのはなぜ?と思っていたので、今回「〇〇〇」が出来ていなかったと実感しました。 etc…

 

このようなありがたい感想をいただきましたが、

 

・グループでの話し合いや問題点をする場があっても良いと感じました。(アンケート原文そのまま)

 

というご意見もいただきました。

今回の研修ではグループワークの時間を設けなかったのですが、受講された皆さんは他の参加者の意見や感想、どのような取り組みを行っているか等、情報交換をしたいようです。

普段、他園の方と情報交換する場はなかなかありませんから、次回研修を行う際には意見交換の場を設けたいと思います。