社会保険労務士の平田です。

 

本日は17時まで那覇市泉崎バスターミナル6階のグッジョブ相談ステーションにおりまして、人事労務、助成金、採用に関するご相談を無料で承っております。

 

本日は育児休業及び両立支援助成金についてご相談を受けました。

 

男性労働者が育児休業を申請するケースが増えています。

 

すでにご存じかと思いますが、育児休業は対象労働者であれば男女とも取得することができます。

事業主もそのことはご存知だと思いますが、未だに「男性は育児休業を取れない」「男性は育児休業期間を短くすることができる」等、制度をよく理解されていない方が見受けられます。

 

働き方改革の推進により、育児介護休業法を含め労働関連法は目まぐるしく改正されています。

育児介護休業法も、令和3年1月1日に子の看護休暇、介護休暇が時間単位で取得できるように改正施行されます。

法律知識は労働者のほうがよく知っている傾向があり、中小企業の事業主は法改正の知識が追い付いていない状況が見受けられます。

法知識がないと法律違反となりますし、人手不足の影響でより法令を遵守し労働条件がよい会社へ転職されてしまうかもしれません。

法律知識を疎かにしては経営が成り立たなくなります。会社を守るためにも法律知識を身に着けましょう。

 

法律や規定のことを知りたいが、どこに相談したらいいのかわからないという事業主の方は、ぜひグッジョブ相談ステーションにお問合せください。

 

グッジョブ相談ステーション

098-941-2044(平日9時~17時まで。土日祝日はお休みです。)