人材開発支援助成金に新たなコースが追加されました


令和4年度の雇用関係助成金の情報がそろい始めました。

今回は、人材開発支援助成金に新たに追加された「人への投資促進コース」をご紹介します。

「人への投資促進コース」は5つのメニューからなり、

「高度デジタル人材訓練・成長分野等人材訓練」「情報技術分野認定実習併用職業訓練」「長期教育訓練休暇等制度」「自発的職業能力開発訓練」「定額制訓練」からなり、事業主が労働者に対して訓練を実施した場合に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部等を助成する制度で各コースの概要は以下の通りです。

「高度デジタル人材訓練・成長分野等人材訓練」は、高度デジタル人材の育成のための訓練や、海外を含む大学院での訓練を行う事業主に対する助成。

「情報技術分野認定実習併用職業訓練」は、IT分野未経験者の即戦力化のための訓練を実施する事業主に対する助成。

「長期教育訓練休暇等制度」は、働きながら訓練を受講するための長期休暇制度や短時間勤務等制度を導入する事業主への助成を拡充

「自発的職業能力開発訓練」は、労働者が自発的に受講した職業訓練費用を負担する事業主に対する助成

「定額制訓練」は、労働者の多様な訓練の選択・実施を可能とする「定額制訓練」(サブスクリプション型研修サービス)を利用する事業主に対する助成

また、令和4年度から、すべての訓練コースにおいてオンライン研修による訓練も対象となりました。

※おもろ社会保険労務士事務所では、雇用関係助成金等のご相談につきましては顧問契約をいただいたお客様に限らせていただいております。顧問契約を締結されていないお客様からのお問い合わせには対応いたしかねますので何卒ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA