福祉・介護事業者のための雇用管理改善啓発セミナーが開催されます


厚生労働省 令和3年度沖縄労働局委託事業「介護分野における人材確保のための雇用管理改善推進事業」として

「福祉・介護事業者のための雇用管理改善サポーターによる雇用管理改善啓発セミナー」が8月24日火曜日に開催されます。

本事業及びセミナーは、、福祉・介護事業の雇用管理改善と人材定着率を高めるために雇用管理改善サポーターが福祉・介護事業者へ訪問し雇用管理改善のアドバイスや助言を行い、安心して働ける職場環境つくりを目指す事業であり、沖縄福祉専門学校の諸見里安知校長による「職場の心理的安全性」について「職員が辞めない人材確保・育成・定着仕組みつくり」をテーマに講話します。

生産性の高い職場をつくるため注目されている「心理的安全性」について、昨年発刊された「心理的安全性のつくり方」がビジネス書グランプリ2021マネジメント部門賞を受賞。近年の人手不足や生産性の向上のための取組として最も注目されている手法のひとつです。

職場の人材定着率と生産性を高めるための手法をこの機会に学びましょう。

・セミナー日時  令和3年8月24日 火曜日 午前10時~12時

・会場      沖縄県総合福祉センター 403研修室(東棟4階)

・定員50名  ・参加費無料  ・申込締切 8月17日火曜日

・お問合せ先 介護労働安定センター沖縄支部 098-869-5617

詳細はこちら→ http://www.kaigo-center.or.jp/shibu/okinawa/2021/010161.html

職場の心理的安全性については、おもろ社会保険労務士事務所も注目し様々な事業者様に向けアドバイスやコンサルティングを行っております。「生産性を高める」「人材の確保・定着」に最も有効な手段のひとつですので職場の心理的安全性についてお考えの方、職場の雰囲気を見直したいとお考えの方は、おもろ社会保険労務士事務所までお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA