令和4年10 月以降の雇用調整助成金の特例措置等及び産業雇用安定助成金について


10月以降の雇用調整助成金の特例内容が厚生労働省から公表されました。厚生労働省令の改正が必要なため、現時点では厚生労働省の方針を表明したものであくまで予定とされています。これまでの経緯から、この内容で施行されるでしょう。

中小企業の業況特例・地域特例の上限額が15,000円から12,000円へ3,000円減額、原則的な特例措置の上限額が9,000円から8,355円へ変更されます。

また、休業支援金等の特例措置についても変更があり、地域特例の上限額が11,000円から8,800円へ変更されます。

今回の特例措置の見直しは10月から11月末まで2か月間の予定です。これまでは3か月毎に見直しを行っていましたが2か月間となりました。

今年12月以降の特例措置については、10月末までに決まる予定です。

詳細につきましてはこちらをご覧ください。

雇用調整助成金ホームページ 令和4年10 月以降の雇用調整助成金の特例措置等及び産業雇用安定助成金の拡充について https://www.mhlw.go.jp/stf/r410cohotokurei_00001.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA