住民税通知納付書が届かない!?


住民税(市町村民税・県民税)は、特別徴収の場合は5月初旬に事業所に届きます。

普通徴収の場合は、6月初旬までに個人の住民票の住所地に届きます。

私は普通徴収なので自宅に届くのを待っていましたが6月中旬になっても届きません。

普通徴収の方はご存じかと思いますが、第1期の納付期限は6月末です。住民税の額を早めに確認して資金繰りを調整したいのですが6月中旬になっても届かないので役所に電話しました。

私「住民税納付書が届いていないので確認お願いします」

役所「お名前と住所を教えていただけますか?」

私「平田です。住所は〇〇××△△です」

役所「….平田さんの納税データはないですね、確定申告はお済ですか?」

私「は?納税データがないんですか?確定申告は済んでいますけど」

今年の確定申告は2月末にe-taxで行いました。

豊見城市からはすでに事業所税の納付書が届いているので、納税データがないということはないはずですが。。。

役所「確定申告はお済みということなので税務署に確認いたします。確認しましたらご連絡いたします」

翌日

役所「平田さんの納税データは、那覇市に送られていました」

まさか別の市町村に送られていたとは(笑)那覇市には住所も事業所もありません。

役所「すぐに那覇市からこちらへデータを送ってもらいます。恐れ入りますが住民税納付書はデータが届き次第発送させていただきます。」

この時点で6月15日。第1期の納期限まで半月です。

私「それは仕方ないですね。なるべく早めに送付をお願いします」

役所「これからですと第1期の納付期限が近いので、納付期限を第2期からとしましょうか?」

第2期の納付期限は8月31日です。

私「納付期限を第2期からにすると、住民税は割引されますか?」

役所「すみません、第1期分と第2期分の税額が合計されるだけで割引されません」

私「そうですよね、割引されないですよね。それなら第1期の納付期限から納付するようにします」

第1期分の納税額を口頭で教えてもらい支出に備えました(笑)

税務署がデータ送付先を間違ったので役所の責任ではありませんし、担当の方もとても対応がよかったので不満なくやりとりは終了しました。

なぜ那覇市に納税データが送られたのか?

私が問い合わせなかったらどうなっていたのか?

気になりますが、忘れたころに納税を求められるのも気分よくないので自分から問い合わせてよかったです。

昨日、無事に納付書が届きました。

しっかり納税させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA