激動の令和2年度が終わり、飛躍の新年度へ


令和2年度は新型コロナにはじまり新型コロナに終わる(まだ収束する気配はありませんが)これまでにない1年でした。

おかげさまで、おもろ社会保険労務士事務所からは一人の感染者も出さず皆健康で新年度を迎えられます。

新型コロナの影響による顧問契約の解除も数件ありましたが、減少分を補う分のご契約をいただき当事務所は新型コロナの影響は最小限に抑えられたと感じております。

これもひとえにお客様、スタッフ、関係者、家族のおかげです。感謝申し上げます。

沖縄県内では新型コロナ感染者が急増し第4波が押し寄せている状況、飲食店などの時短営業協力要請が明日4月1日からはじまることから、再び新型コロナ関連の助成金である雇用調整助成金や休業支援金・給付金の相談が増えてきました。

雇用調整助成金については、5月以降特例要件が変更となることが発表されています。これまでより給付率、上限額が下がりますのでご留意ください。

休業支援金・給付金については、特例に次ぐ特例で要件によっては申請期限が再延長されています。昨年4月から9月にかけての休業対象につきましては要件を満たせばまだ申請できる場合があります。

先程、今年の那覇ハーリーの中止が発表されました。残念ながら今年のゴールデンウィークにも新型コロナの影響が及んでいます。

4月中の時短営業協力要請を経て、ゴールデンウィーク後のワクチン接種がすすみ新型コロナ感染が終息することを祈ります。

今日は月末年度末ということで月末恒例の請求書の準備を一人しております。

当事務所は残業しないさせないことにしていますので、当職一人で作業しております。

徐々にではありますが顧問先が増え、請求書の数も増えてきて準備に時間はかかりますが嬉しい悲鳴をあげております。

請求書とともに事務所通信も同封していますが、お客様から「法改正など新たな情報が得られてありがたい」という声をいただき好評をえています。

請求書を準備しながらふと4月1日からは消費税総額表示義務化のことを思い出し、請求書も総額表示にしなければ?!と慌てましたが、請求書や見積書は総額表示でなくてもいいんですね。修正する手間が省け勉強になりました。

明日から新たな年度がはじまります。

新型コロナの影響はしばらく続くと思いますが、個人的な感覚として令和3年度は更なる飛躍になる年だと思っています。

飛躍の年とするため、「笑顔」「謙虚」「覚悟」をスローガンに業務に励んで参ります。

令和2年度も大変お世話になりました。令和3年度も引き続き「おもろ社会保険労務士事務所」を宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA