2020年もお世話になりました。


おもろ社会保険労務士事務所の年内業務は12月28日をもって終了いたしました。

2020年も皆様には大変お世話になりました。

新年最初の営業は1月5日火曜日からとなっております。何卒ご了承ください。

2021年も引き続きご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

新型コロナの影響はしばらくの間続きそうですが、その影響でテレワーク普及、休業など労働条件の見直し、副業など新たな課題が提起された年でありました。

テレワークや副業に関するご相談が増えています。来年は同一労働同一賃金も中小企業にも適用されることから、大幅な労働条件や規則の見直しが必要となり、現に就業規則の見直しに着手する企業からの相談やご依頼を受けております。

当事務所としましては、新型コロナの影響を受けて労働条件や就業規則の見直しを図る企業のサポートを行い、新型コロナ過でも成長を続ける企業を支えるパートナーとして新年も取り組む所存です。

ワクチン接種開始のニュースも聞かれるようになりました。「やまない雨はありません」今はつらくとも足元を固め、「雨」が止んだときに経営が上向きとなるよう準備をすすめましょう。

今年、当事務所内で大きな変化がありました。詳しくは来年以降、徐々に種明かしします。当事務所の成長に必要な体制が整いつつある、ということはお伝えしておきます。

年次有給休暇取得率100%達成

達成したことを上げると、当事務所スタッフの年次有給休暇取得率100%を達成したことです。

3名のスタッフ全員、年次有給休暇をすべて取得または今月中に取得します。また、法定の年次有給休暇以外に、妊娠中のスタッフには特別の有給休暇(通常賃金の100%支給)も来月までに取得してもらいます。

当事務所の所定労働時間は、9:00-17:00(休憩1時間)の1日7時間としており、一般的な所定労働時間より短めにしています。また、週2日~4日の間で勤務日数も選択でき、希望すれば1日4時間勤務も可能で、実際に週2日、1日4時間勤務のスタッフもいました。

労働時間を短めにすることで長時間労働を抑制し、疲労蓄積を防ぎ、早めに帰宅できることでプライベートにも余裕が生まれる。そういう目的で労働条件を設定しています。

産休に入るスタッフには、有期契約から無期契約に労働条件を変更し安心して育児休業を取得できるよう配慮しました。

年次有給休暇は事務所スタッフ全員で取り組むことで取得率を向上させることができる、ということを学びました。年休を取得するスタッフの業務をフォローするために、私も含め他のスタッフも協力してくれました。業務をフォローするために業務内容や引継方法を皆で話し合うことで、スタッフも気兼ねなく年休を取得し、他のスタッフも不安なく業務に就くことができたと思います。

今後は子供を一緒に勤務できるよう環境を整備

今後は子供を連れて勤務できる体制を整備したいと検討しています。新型コロナの影響が収まるまで実行するのは難しい状況ですが、私は子供を連れて今日も事務所で仕事しています(笑)

働きやすい職場作りを日々考え取り組んできた一年でした。

働きやすい職場なのか、スタッフが判断することですし、日々環境は変化するのでこれで満足することなく来年以降も取り組みます。

2020年は「予想もしないいろいろなことが起こるものだ」ということを教えてもらった年になりました。

私自身、後厄だった年が間もなく終わり、来年以降は人生上向きという運勢なので自分の未来にとても期待しています。

来年は私だけでなく、私に関わる全ての人に明るい未来が訪れるようサポートする所存です。

きっと明るい未来が待っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA